ホワイトニングQ&A

ホワイトニングQ&A

Q

内部の黄ばみとはなにか?

A

歯「内部の黄ばみ」=「象牙質の黄ばみ」です。

「象牙質」という専門用語を使用すると、お客様にとってわかりにくいため、「内部の黄ばみ」と表現しています。  

Q

1回で白くなりますか? 

A

1回でも白さアップを期待できますが、目標の白さに到達するまで複数回通われる方が多いです。

Q

1回のホワイトニングでどれくらい白くなりますか?

A

メニューによって異なりますが、オフィスホワイトニングプロの場合は4~6段階の白さアップを目指せます。

Q

白くなったらどれくらいもちますか?

A

一生活習慣や歯質にもよりますが、3~10か月ほどかけて元のお色に戻ってしまうと言われています。再石灰化の影響により、施術3日後頃から少しずつ色戻りが始まります。完全に元のお色に戻ってしまう前に再度ホワイトニングをすることで白さをキープしやすくなります。

Q

白くなったら行かなくていいんですか?

A

白くなった後も定期的なメンテナンスをお勧めしています。再石灰化の影響によって色戻りしてしまうためです。
1年目はオフィスホワイトニングでのメンテナンスは3ヶ月に1回以上の施術を、ホームホワイトニングの場合は2週間に1度以上の使用を推奨しております。
2年目以降は年に1~2回の頻度でメンテナンスされる方が多いです。

Q

不自然な歯の白さになりませんか?

A

ホワイトニングは、天然の歯の黄ばみを分解するので、透明感のある自然な色を目指せます。芸能人の方の中には不自然と思われる白さの方もいらっしゃいますが、セラミックで天然歯以上の白さにしている場合が多いです。

Q

ホワイトニングはどんな歯でも白くできますか?

A

ご自身の歯であれば白さアップが目指せます。
残念ながらホワイトニングでは改善が難しい場合でも、他の方法で改善できる場合がございます。



▼ ホワイトニングで改善が見込めるケース





[神経が死んでいる歯]

デュアルホワイトニングを継続することで、かなり目立たなくなります。 ただし、健康な歯と比べると若干色の差は感じます。





[茶色の縞模様がある歯(テトラサイクリン歯)]

変色の度合いによりますが、デュアルホワイトニングを半年~1年ほど続けることで、目立たない程度に改善できる場合が多いです。





▼ ホワイトニング以外の方法で改善が見込めるケース





[グレーに変色した歯]

ホワイトニングでの改善は困難です。ラミネートべニアというセラミックシェルを歯の表面に接着することで改善できます。





[詰め物、差し歯、インプラントなどの人工歯]

ホワイトニングでは改善できません。セラミックをかぶせる等で他の歯と色をそろえることができます。

Q

ホワイトニングできる歯なのか相談してから施術を決めることはできますか?

A

もちろん可能です。初めてのお客様は、カウンセリング時に必ずお口の中の状態を見させていただき、お客様の歯の質や状態に合わせたプランをご案内いたします。

Q

妊娠中・授乳中でもホワイトニングはできますか?

A

申し訳ございませんが、いたしかねます。
妊娠中・授乳中のホワイトニングは、安全性が証明されていないため、施術をお断りさせていただいております。歯のクリーニングでしたら、妊娠中・授乳中でもお受けいただけます。
クリーニングで歯の表面の汚れを綺麗にするだけでも見た目の印象が変わる場合がございます。特に妊娠中は女性ホルモンの影響でお口の中の環境が乱れやすく、むし歯や歯周病が進行しやすいため、クリーニングは大変おすすめです。ぜひご検討ください。

Q

矯正中でもホワイトニングはできますか?

A

矯正の種類によっては可能です。マウスピース矯正の場合、すべてのホワイトニングメニューをご利用いただけます。
歯の裏側からワイヤー矯正をしている場合は、「オフィスホワイトニング」のみご利用いただけます。歯の表側にワイヤー矯正をしている場合は、残念ながらホワイトニングはできません。

Q

歯並びが悪いのですが、ホワイトニングはできますか?

A

歯並びが悪くてもホワイトニングをすることは可能です。
ただし、「オフィスホワイトニング」の場合、歯が重なっており薬剤が塗布できない部分やライトが当たらない部分はホワイトニング効果を得られません。

Q

歯ぐきが下がっていますが、ホワイトニングはできますか?

A

はい、可能です。ただし、歯ぐきが下がって歯の根が露出していると、ホワイトニング剤が染みる場合がございます。カウンセリングの際に歯の状態を確認させていただき、必要に応じてシミ止めのお薬の塗布をご提案させていただきます。

Q

歯周病ですがホワイトニングはできますか?

A

はい、可能です。

Q

知覚過敏があるのですが、ホワイトニングはできますか?

A

はい、可能です。カウンセリングの際にお申し出ください。歯科医師もしくは歯科衛生士が歯の状態を確認し、必要に応じて施術の際にシミ止めのお薬をご提案させていただきます。

Q

汚れや歯石があるのですが、ホワイトニングはできますか?

A

はい、ご利用いただけます。汚れや歯石が多い場合は、クリーニングで歯の表面の汚れを落としてからホワイトニングをされた方が効果が高まります。一度のご来院でクリーニングとホワイトニングを同時に行うこともできますので、ぜひご検討ください。

Q

ホワイトニングは痛いですか?

A

ごくまれに痛みの出る方がいらっしゃいますが、痛みのない方がほとんどです。



[オフィスホワイトニング]

痛みが出る・シミる等の症状には個人差がございますので、ご心配な方はカウンセリングの際にお申し出ください。知覚過敏などによって痛みが出やすくなっている場合には、シミ止めのお薬を塗布することも可能です。



[ホームホワイトニング]

初めての方は、しみにくいよう濃度の低いホームホワイトニングジェル(過酸化尿素10%)からのご使用をおすすめしております。万が一しみる場合は、知覚過敏を抑制するお薬を処方することもできます。それでもしみる場合は、使用する時間や頻度を調整してみてください。

Q

ホワイトニングをして歯にダメージはありませんか?

A

施術中や施術後に痛みが出る・シミることはございますが、一時的な症状です。ホワイトニングには虫歯予防効果があるという研究結果も報告されています※。

※椿智之(2011)『「白い歯」からはじまるカリエスフリー時代の臨床アドバイス10』

Q

食事制限はありますか?

A

施術後30分のみ、色素沈着しやすくなっているためご飲食を避けていただいております。それ以外でのお食事の制限はございません。

Q

ホームホワイトニング後、歯磨きは必要ですか?

A

うがいをしていただくだけでも問題ございませんが、お口の中にホームホワイトニングジェルが残っているように感じる場合は、歯磨き粉をつけずに軽く磨き、水で洗い流してください。

Q

ホワイトニングで白くした歯を維持するにはどうすればいいですか?

A

定期的なホワイトニングで白さの維持を目指します。歯は生活習慣や再石灰化の影響で徐々に色戻りしてしまいますが、ご希望の白さになった後も定期的にホワイトニングをしていただくことで色戻りを防ぎやすくなります。
オフィスホワイトニング」でのメンテナンスは3ヶ月に1回以上の施術を、「ホームホワイトニング」の場合は2週間に1度以上の使用を推奨しております。2年目以降は年に1~2回のメンテナンスがお勧めです。
※メンテナンスの頻度は個人差がございます。

Q

ホームホワイトニングはどれくらいの頻度で行うのが理想ですか?

A

最初は毎日行うのが理想的です。ご希望の白さに到達するまでは週に4回以上行うことをおすすめしております。
1週間に数回2時間行うよりも、毎日30分行った方が効果を得られやすく、なるべく間隔を開けずに行うことがポイントです。

Q

マウスピースを持っています。ホームホワイトニング用のジェルだけを購入することはできますか?

A

はい、もちろん可能です。お手持ちのマウスピースがホームホワイトニングでご利用いただけるか確認させていただくため、ご希望の医院へ事前にご予約の上、マウスピースを持ってご来院ください。

Q

ホームホワイトニングジェルを買うのに予約は必要ですか?

A

はい、ご予約をお願いしております。
在庫状況によってはご希望の濃度のホームホワイトニングジェルをお渡しできない場合がございますので、必ず事前にご予約をお願いいたします。

無料相談・ご予約はこちら