矯正を始める時期

矯正を始める時期

子供の矯正はいつから始めれば良いのか?

子供の歯の矯正治療をいつから始めればいいのか、悩んでいる方は多いと思います。歯科医院で「永久歯が生え揃うまで待ちましょう」と言われることもあるようです。

当院がお勧めしている治療開始時期は、7歳頃からです。

永久歯が生え揃う前に成長期を利用した期矯正治療があります。永久歯が並ぶため土台づくりが重要です。

簡単な問題のうちに整えることで、本人の負担も少なく、治療費も安く済みます。


※3歳前後の乳歯で、既に受け口の状態になってしまっている場合は、早期治療が必要ですのでご相談ください。

受け口の矯正治療

受け口とは、下の前歯が上の前歯よりも前に出てしまっている状態です。下顎そのものが前に出ているため、口を閉じていても気になることが多くあります。受け口の場合は、できれば3歳頃から治療を始めるのが望ましく、パナシールドと呼ばれる取り外し可能なマウスピースを使用し、舌と顎の正常な発育をサポートします。これは寝る時だけ着けておくマウスピースですので、日常生活に大きな支障なく、治療を進めていくことができます。

パナシールドの効果

  • 「舌が歯を押す力」と「唇が歯を押す力」のバランスを整える
  • 舌を高い位置にしまっておく癖を付ける

これらによって、下の歯が前に出ることを防ぎ、受け口の改善・早期食育での顎の育成を促すことが出来ます。
なお、パナシールドはサイズがいくつかありますので3歳すぎても一度ご相談ください。
初回のご相談は無料で承っております。

無料相談・ご予約はこちら