矯正専門医 ミナ先生のブログ

2014.09.19更新


私たちが、歯を抜かないでキレイな歯並びになるためにいつもお話をしていることがあります。
「早期発見・早期治療」

小さな問題を早めに気づいて解決しておけば、簡単な処置、そして金額も最低限で済む方法をご紹介します。

つい最近、受け口になりそうで心配していらした患者さまです。
「装置をつけての矯正治療が必要か」とのことで相談されましたが、
年齢も早く奥歯のかみ合わせも良かったため
バイオセラピーという噛むこと(食育)とスティック(以下参照)をするように勧めました。


生えかけの上の大人の歯が下の歯よりも内側に入りそうです。
また下の大人の歯も斜めに生えてきてしまっていますね。

バイオセラピーを勧め、始めてもらってからなんと1ヶ月!!


いかがですか?

お母さまの笑顔が一段と輝いていました!
毎日のスティックでのトレーニングの成果で大人の歯はキレイに元の位置へと生えてくることができました。
お母さまの食育の成果で斜めに生えていた下の永久歯もすでに矯正装置を使わずにまっすぐ生えています!

すごくないですか?(*゚▽゚*)

1枚目の写真と比べて違うことはそれだけではありません。

生えたての歯の先端はギザギザ(発育りょう)がありますが噛むことでギザギザがなくなっています。
歯を使うことによってこのギザギザは徐々に減り、噛むことで発育刺激が骨に伝わって顔が成長します。自分の力で正しい発育を促してアゴの育成をさせていくことができます。

お母さまの努力が実り、嬉しさを享受し、改めてバイオセラピーの大切さを実感しました。


頑張って使用していただいたスティックというグッズがこちら(*^_^*)



30分毎日続ける方が3時間やって2日でやめてしまうよりもいいですよ。
「継続は力なり」ですね。うまく習慣づけることが大事です。

これからも「早期発見、早期治療」を皆様にお伝えしていこうと思います。

全ては全国の患者様の笑顔のために。。
そして、世界で一番大切な子どもたちのために。。

下田 ミナ

投稿者: 三鷹ハートフル矯正歯科医院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

無料相談・ご予約はこちら