矯正専門医 ミナ先生のブログ

2013.01.19更新

アメリカ inハワイでのインビザライン研修に行ってまいりました。
産休もあり、なかなか 海外に勉強に出かけることもできなかったのですが、娘が6か月になり飛行機に乗せられるようなったので一緒に行ってきました。青い海、青い空、ハワイの環境は、素敵でした。 「勉強したい。」とは、言いきれず海に入りたくもなりましたが、そこは我慢と、講義と実習を受けてきました。

現在、インビザラインの症例数は、インビザライン発祥の地、アメリカが世界一を誇っております。(日本は、圏外です。)一番進んだ矯正治療技術を持っていると思います。そのなかなか触れることのできないアメリカ流のインビザラインを学ぶ研修となりました。
日本の矯正学会でもなかなか話題でない最新の矯正治療、それがインビザラインです。研修では、もちろんインビザライン一色。
講師のインビザラインElite Dr Sean Holidayは、アメリカのインビザラインインストラクターの実力の持ち主で、海外のトップインビザラインドクターが使用しているIOCシステムによる光学スキャニングの導入について2012年のアメリカ矯正歯科学会で講演をされた先生です。私は、この光学スキャナーを2011年 Asia Pacific Invisalign Forum in Phuketで展示されているのを見たときに素晴らしいと感じておりましたがなかなか取り扱うことが薬事の関係もありできませんでした。そこで、今回IOCシステムによる光学スキャニングの実技を受けることを大変貴重な機会となりました。

Elite Dr Sean Holidayは、私の素朴な疑問に本音で答えてくれ、今まで参加してきたアジアやヨーロッパのインビザラインフォーラムなどの講演で見聞きした内容とは、異なる治療法の選択の仕方を学ぶことが出来ました。

私のインビザラインの歴史は、8年前のロサンゼルスの留学から始まっていますが、超最新情報として今回アメリカで2013年1月に導入されたばかりのアウトカムシュミレーター機能を教えてもらいました。



このシュミレーターのすごい所は、患者さんの歯の写真を20分位で取ったらその場で、矯正後の仕上がりを見ることができたり抜歯する抜歯しないなど見比べて説明がすぐできることです。そして、一歯ずつ細かい歯の向きなど仕上がりを自由自在に設定できるような機能が備わっています。それによりインビザライン矯正治療のクオリティーが向上します。 今から楽しみです。日本への対応はまだ未定です。 また、日本には、まだ未認可の口腔内カメラ撮影による歯型取りiTeroを実体験してきました。

率直な感想は、このIOCシステムによる光学スキャニングによるインビザライン矯正治療は、矯正歯科医師とスタッフ、患者さんにとって今の日本での現行のインビザライン矯正治療やワイヤー矯正治療に比べて、すごくラクで優秀だということです。歯型を取る方も取られる方もとても快適なのを実感しました。
日本での現状は、型取りはシリコン材で取られるので、苦手な人は大変です。
今回使用した型取り不要のカメラ撮影手技の実習などの最新情報は、かなり多く今から楽しみです。
日本のインビザラインの問題点。
□インビザライン治療は、アライナー社より矯正経験のある歯科医師
 に一任されているのですが、ワイヤー矯正と異なる動きをする為に
 また初めから学ばなければならない。
□大学教育にも導入されていないため、歯科の他の診療科目と比べ
 ても、新規導入時の教育が不十分。
□ソフトウェアの更新が毎年あるにも関わらず、その変更点の説明、
 意図が日本には、なかなか伝わってこない。海外の学会参加は、
 ある程度のインビザライン矯正治療経験が必要。
□コンピューターシュミレーションから矯正治療計画をするので、
 第3者からのチェックを受けやすいにも関わらず、症例検討など
 できるオフィシャルの勉強会などが存在しない。

などを考えさせられました。
私は、インビザラインの基礎を留学時代に学び、海外学会、世界の講師の先生方のオフィス見学、ディスカッションを通じて進化著しい、インビザラインの最新治療を行っています。
常々、世界のTOP歯科医師と症例に関して、具体的に話がしたいと思っておりました。
これかはも、貪欲に最新のインビザライン矯正を学び続けて、一流のインビザラインドクターとして、ハートフル歯科でインビザライン治療を受けてくれている患者さんの期待に応えていきたいと思います。いつも私と一緒に頑張って続けてくれている患者さんにいつも感謝しています。

日本での診療器材、ソフトウェア、教育など遅れている上に、日本では治療経験数が圧倒的に少ない中で、
世界水準のインビザラインの治療が広まらないのもうなずけます。
インビザラインは、欧米では、標準的な治療法で多くの患者さんに福音をもたらしております。
私の診療室でも、「インビザラインで私の歯並びは、治りますか?」とよく聞かれます。
もちろん「きれいになりますよ。」と自信を持ってお答えしております。
私は、色々な機会を頂き海外からの情報を得ることでより良い結果が得られております。
この研修で学んだテクニックを、ハワイに滞在期間からインビザライン・シュミレーションに反映させておりました。インターネットは、広い地球を小さく、身近にしてくれます。北米との垣根も、ほとんどなくなったかなぁ。 今後も、世界の著名な先生方を師事し、インビザラインの進化に追いつき、より良い治療を行っていきます。



娘を連れての海外研修ということで、理事長も同行して
もらっております。 私の患者さんだけでなく、理事長の
患者さんにまでご迷惑をおかけしてしまいしました。
申し訳ありませんでした。
今後とも、ハートフル歯科をお願いします。

医療法人徹心会 矯正専門歯科医師  下田 ミナ

投稿者: 三鷹ハートフル矯正歯科医院

2013.01.04更新

新年あけましておめでとうございます。

昨年は、夏に娘が産まれ良い年となりました。また、仕事復帰した際には、ご迷惑をおかけしたにもかかわらず、「ミナ先生、おめでとう、待ってたよ!」とか「赤ちゃん見せて?可愛いでしょ。」「産後、身体大事にしてくださいね。」など多くの患者さんから心温まるお祝いを頂戴して本当に嬉しかったです。
また、数多くのお母様方と子育てママトークができるのが、結構、私、楽しみなんです!
これからも矯正治療によりお口の健康を通して、一緒にお子様の成長を見守っていけることも嬉しいです。

三鷹市だけでも待機児童が1000人いるらしいのですが、このようにすぐに保育園が決まり、矯正歯科医としてハートフルの患者さん、そのご家族と関わることができることが幸せです。まわりの協力してくださる全ての方々と神様に感謝しました。
年がもう少し若ければなぁ~なんて。

今年もよろしくお願いします。





今まで通り3医院を回っております。
毎月の出勤日は、掲示、配布もいたしております。
矯正治療日のご予約などでご相談がありましたら、直接ご相談ください、よろしくお願いします。


下田ミナ

投稿者: 三鷹ハートフル矯正歯科医院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

無料相談・ご予約はこちら