矯正専門医 ミナ先生のブログ

2011.07.28更新



理事長と昨年秋に、イボクラ社主催のEMAXセミナーに参加して以来、セレックの伝道師と言われる草間先生に久しぶりにお会いしてきました。
理事長は、ドイツを始め、セレックの研修会にこの半年参加しております。
そこで、いろいろな物を見聞きして話してくれていましたが、いまひとつ見えない部分がありました。
セレックのアドバンス的な使用やセレックの未来像などハートフル歯科の進むべき道すじが示されていました。

ハートフル歯科は、開業以来デジタル化をテーマにしてまいりました。
一昨年、セレックと出会い、昨年草間先生と出会うことで、一気にデジタル化を進めることができました。
この半年間は、理事長がセレックだけでなく、ジルコニアアバットメント、キャドオン、新型CTなどの設備を整えていますが、その理由がよく分かりました。

従来のインプラントのアバットメント言えば、ゴールドやチタンが主流でした。
私は、そう認識しています。しかし、理事長は、ジルコニアだと言っています。
その理由が 細菌が天然歯よりも細菌の付着が少ないことであることだと知り驚かされました。
従来のセラミック治療よりも硬く割れにくく、天然歯と同じすり減りが得られる。
しかも、金属アレルギーの心配がないEMAX。欧州では、すごい反響で日本でも最近やっとちらほら名前を聞くようになりました。
その適応範囲が広がり、それがすべてハートフルでも再現できるようになっていることも驚きました。
技工士の蛯名君と理事長がドイツで見た最新のセラミック治療が、今は普段の診療でも実現しています。
いつも、より質の高い治療を患者さんにご提供できることを考え、一つ一つ、丁寧に忙しくても、手間を惜しまずできるように、ハートフルの全ドクターが一定の医療ができるように、院内システムと最新設備とメンバー教育に力を入れ続けていきたいです。

最近のハートフル歯科には、南口のCTに続き、北口に最新のCTが入り、画像も機能もより一層良くなり、マウスピース矯正インビザラインの治療計画はじめ、インプラントなどの外科治療の幅が広がりました。
そして、さらに、3台目として、オートフォーカスのマイクロスコープが南口に入り、根管治療やセレック形成・コンポジットレジン充填のビルドアップの確認、セメント除去に使うことが、とっても精密にできている感じでとっても楽しいです。
日々のCAD/CAMテクノロジーの進化によって、歯科医療の世界観が変りました。
マウスピース矯正インビザラインやセレックセラミック、CmG(セレックミーツガリレオス)などまだまだ、たくさんのことを学び、多くの方の幸せのために歯科治療を通じて、お口の健康から全身の健康へ 社会貢献をしていくことが本当に楽しいし、学んでは、最新の設備をフルラインナップできるハートフル歯科で仕事ができることに喜びを改めて感じました。

歯科は、矯正もインプラントもいろいろ専門は分かれますが行き着く所は一つなのだなあ。
私は、40歳の大台が近づいてきましたが、簡単には死ねない!!と思いました。
このテクノロジーの進化をみとどけなくては!あと、40年はね・・・(笑)
今回のサミットを通じて、感じたセレック良さをうまく三鷹・武蔵野のみなさんにお伝えしていきたいと思います。                            

ハートフル歯科 総院長 下田ミナ

投稿者: 三鷹ハートフル矯正歯科医院

2011.07.14更新

 

今年も我が家の野菜たちが元気に育ちました!

息子の好き嫌いをなくすため、キライなトマトを育てましたが、
一緒に育てることでトマトに興味を持ち、真っ赤に実った冷やし中華に入れたら
嬉しそうに食べてくれましたよ。

また、トマト以外にはナスを育てています。
去年もたくさんのナスが採れて色々なお料理を楽しむことが出来ました。

今年もずっしりと重みのあるナスが育っているので、今から食べるのが楽しみです。
家族みんなで一緒に食べることもそうですが、息子と一緒に育てた野菜は
お店で買ったものとは比べものにならないくらい美味しいです。

皆さんの家庭菜園のお話も、診療の際にぜひ聞かせてくださいね。
 

我が家の野菜たちが今年も元気に育っています!

息子の好き嫌いがなくなるように、キライなトマトをお家で作りました。
一緒に育てることによってトマトに興味を持ち始め、
真っ赤に実ったトマトを冷やし中華に入れたら、嬉しそうに食べていましたよ。

また、トマト以外にナスも育てています。
去年もたくさんのナスが採れて、色々なお料理が楽しめました。

今年もずっしりと重みのあるナスが育ち、食べるのが楽しみです。

家族みんなで食べるのももちろんのこと、息子と一緒に育てた野菜は、
お店で買うものとは比べものにならないくらい美味しいです。

皆さんの家庭菜園のお話も、診察の際にぜひ教えてくださいね。

投稿者: 三鷹ハートフル矯正歯科医院

2011.07.11更新




 
インビザラインセミナーにハートフルメンバー5人で参加してきました。
震災の影響で、電力不足による計画停電を懸念しての大阪開催だったそうです。

午前中の講義は、昭和大学の矯正科教授の槇先生から深いお言葉をいただきました。
ワイヤー矯正を極め、その上でインビザラインを250症例以上取り組み、その動きの差やメカニズムなど考慮した結果でてきた言葉だからこそ、重みがありました。
「歯列のバイト 浅目、リバースカーブの設定をしている ワイヤーのようにレべリングしていないので、アンカレッジバリューが少なくなっていないから、アンカレッジロスが起こりやすい。今は、1回フレアーしてから、歯根膜を広げて、アンマスする方が良い。」
これを読む方に意味が分からなくてもかまいません。
しかし、長期症例、安定的に歯牙移動させるポイントが含まれています。先人のお知恵をいただきました。

また、インビザラインの治療計画を立てる上で、コンピューターシュミレーション通り治療を進めることが難しいのですが、その際に予測再現性が低くなる条件など、CTを使用しながら解析していました。
当院にもCTを導入しているので、利用して診断に応用する方法を学びました。

午後には、インビザラインG3の新機能プレシジョンカットやパワーリッジなどの機能についてレクチャーをうけました。最後に、インビザラインティーンの適応症や利用方法の解説があり、5月16日に新発売されたインビザラインG3、インビザラインティーンの全容が明らかになりました。

今回の講演会に、ハートフル歯科の全歯科医師、主任衛生士が参加して共有できたことが、ハートフル歯科にとって、また、患者さんにとって有益になると確信しております。

テクノロジーの進化に伴い発展を続けるインビザラインは、開発当初と比較して明らかに変化してきました。
当初、適応症の幅が狭く、全ての患者さんに利用することができませんでした。しかし、今回の講演では、全ての症例に適用が広がり、年齢の幅も選ばなくなりました。見えないマウスピース矯正が完成期を迎えつつあるような気がしております。

これだけ進んだマウスピース矯正と比較すると、目立ち、違和感が強いワイヤー矯正が現代の社会の中でどうなっていくのか、考えてしまいました。

コンピューターシュミレーションを使い、デザインをする。予測再現性の高い、インビザライン。
治療期間が決まり、仕上がりも見える。安心して行える矯正治療に成長していました。

痛みがなく、目立たない完成された、マウスピース矯正。
是非 インビザライン体験をしていただきたいと思っています。                

理事長  下田 孝義




 


インビザライン臨床セミナーにメンバーを連れて、参加してきました。

次世代の見えないマウスピース矯正、インビザラインは、日々 変化し、発展してきました。ここ数年、モナコ、香港、豪州、韓国、スペインなど海外の著名な先生に指導を受け、学会で話題になっていた治療法が形になって日本にも入ってきました。

なかなか一緒に働いていても、体系的にインビザラインの治療法や新しいテクニックのメカニズムなど細かく指導することができず、悩んでいたところだったので、自分の再確認と共に一緒に働くメンバーに良い刺激になったこと思います。

新しいメカニズムで従来の適応症を大きく超え、全ての症例に対応可能になった、インビザラインの全てが語られておりました。

時代は、痛くない目立たない矯正を求めております。日々、患者さんからも矯正の治療期間や口元がどのくらい変わるかなど、よく相談を受けます。
その点で、3Dコンピューターシュミレーションによる、見える治療結果からインビザラインは、安心して治療に臨んでもらえます。
私は、自分がワイヤー矯正を受けた経緯から患者さんには、痛くて、わずらわしい、いつ終わるか分からない矯正を施術したくないと常々思っており、インビザラインを中心に矯正治療を行っております。
また、ハートフル歯科グループの矯正患者さんのお声でよく言われるのが、本当に周りの人に気づかれないし、矯正をやっているなんて見えないことです。ワイヤーをやっているころとは、比較にならないほどに喜ばれます。

進化、発展し、世界で多くの方に受け入れられているインビザラインが今回のセミナーを期に日本でも多くの先生方に受け入れられることと思われます。

私も世界に学び、広くインビザラインを広めようと考えている一人です。

このように、分かりやすくインビザラインを解説してもらえて、良かったと思います。

今後は、私からも他の先生方に何かお話できるようになりたいと思い帰宅しました。

新しい矯正 インビザラインG3、インビザラインティーンに期待して下さい。

 総院長 下田 ミナ

 

投稿者: 三鷹ハートフル矯正歯科医院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

無料相談・ご予約はこちら